健康的な体づくりにはPFCバランスが重要!長く健康を維持するためには食事管理が最も大切

投稿者: uchiage 投稿日:

こんにちは。
塚原です。

 

私はお酒がとても好きでよく飲むのですが、つい飲みすぎてしまって二日酔いに悩まされることがよくあります。
体調が悪いとパフォーマンスも下がってしまうので、体調を崩さないように日々健康には気を遣っています。

 

社長の矢内もお酒が好きで、ご一緒させていただく機会も多いのですが、どんなに飲んでも仕事となるとシャキッと切り替えてバリバリと仕事をこなしています。
社長は私よりもひとまわり以上年上ですが、いつもパワフルに活動していていてすごくかっこいいです。

 

経営する上で体づくりをとても大切にしていて、最近ではキックボクシングを始めるなど、人一倍健康に気を遣っています。

 

私もつい食べすぎたり飲みすぎたりで体重が増えてしまうことが多々あります。
なので、日々ダイエットにチャレンジ中です。

 

ダイエットについて学べば学ぶほど食事の大事さに気付かされます。
今回は体づくりの観点から食事について書いていこうと思います。

 

食事は体づくりやダイエットにおいての基本

体づくりの基本は食事です。
当たり前ですが体は食べたものでできています。

 

健康や体づくりにおいて大事な要素として、次の3つがあると学んでいます。

・食事
・運動
・睡眠

運動や睡眠ももちろん大事なのですが、食事が根幹をつくっています。

 

ダイエット(diet)とは直訳すると「食べ物」になります。
このことからも食事の大事さがわかりますね。

 

体づくりにおいて大事なこと

私はダイエットの目的はただ痩せることではなく、健康的な体型にしていくことだと考えています。
体重は減ったけど筋肉もなくなってしまったのでは健康的な痩せ方とは言えません。

 

人が痩せる原理としては、摂取カロリーが消費カロリーを下回るアンダーカロリーの状態にすることで、体からエネルギーを作り出し足りないカロリーを補います。
これにより痩せていきます。

 

では、全く食べなかったら痩せるのかといったらそうではありません。
食事を全く取らない飢餓状態になると、体は生命の危機を感じて脂肪を溜め込もうとします。
脂肪はいざという時のエネルギー源なので脂肪を溜め込むのです。

 

では何を不足したエネルギーにするのかというと筋肉になります。
体は筋肉を分解しエネルギーに変えていくため、筋肉がどんどん減っていくことになります。

筋肉が落ちると代謝が下がります。
そのため痩せたものの代謝が落ちて太りやすい体になってしまいます。

 

なので、ダイエットするときにはきちんと食事を取って、十分な栄養を摂りつつ、摂取カロリーが消費カロリーを上回らないように食事のコントロールをすることが大事になります。

 

PFCバランスの重要性

PFCとは下記の3つの栄養素のことです。

・P(Protein):タンパク質
・F(Fat):脂質
・C(Carbohydrate​​):糖質

人が動くエネルギーになるのはこの3つで、このPFCをどれくらい摂取するのかのバランスが大事です。

 

タンパク質は筋肉や爪、髪、皮膚など体を構成する主成分です。
脂質は細胞膜やホルモンを作り、肌に潤いを与えます。
糖質は脳や筋肉を動かすエネルギー源です。

 

どれも重要なものなので、不足しすぎても多すぎてもいけません。
不足すれば健康を害してしまい、多すぎれば肥満の原因になります。

 

世の中では糖質制限ダイエットが流行っており、糖質は悪いものとして取り上げられたりもしますが、体にとっては重要な栄養素なので摂らないのもよくないです。

私も糖質を制限しすぎて体調を崩してしまった経験があります。

 

理想のPFCバランスとしては、

 

・タンパク質:13〜20%
・脂質:20〜30%
・糖質:50〜65%

 

とされています。

 

昼にご飯ものを多く食べすぎてしまったなと思ったら夜は野菜を多めにしてみるなど、1日の食事を振り返ってバランスを整える習慣をつけると良いですね。

 

最後に


健康的な体をつくるためにはPFCバランスの取れた食事が大事です。
外食が多いと糖質を摂りすぎてしまったり、脂質が多くなってしまいがちです。

 

私も自分で料理をして食事のバランスを考えたり、プロテインやサプリメントで栄養を補ったりと工夫をしています。

 

糖質を全く摂らないといったような偏った食生活ではなく、長期的な目線で健康になることを考えてバランスの良い食事をしていけるといいですね。

カテゴリー: 健康・美容

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。