知らなかった!?あの人も「華僑」の有名人

投稿者: uchiage 投稿日:

こんにちは。株式会社UCHIAGEでインターンとして働いております、ゆうなと申します。

 

インターン生として、経営を学ぶ中で「華僑」という言葉をよく耳にします。
言葉は知っていましたが、調べてみると意外なことだらけだったのでますます興味が湧きました!

 
今回は、私が調べたなかで一番おもしろい!と思った華僑の「有名人」についてご紹介します。

 

そもそも「華僑」とは

まず、皆様は「華僑」についてどんなイメージをお持ちでしょうか?

 

「華僑」とは、海外に仮住まいをする中国人という意味です。日本では、中国・台湾以外の国に在住している中華系民族のことを一般的によびます。
世界的に注目されている存在で、アジア地域では日本に続く経済発展を遂げ、NIES(新興工業経済地域)の諸地域の多くを中華系民族が占め、東南アジア地域の経済発展の原動力を担っています。

 

「華僑」は経済圏をしっかりと持っていて、仲間内でお金を使って経済圏を作っていく一つのチームだということです。

 

 

華僑出身の有名人

「華僑」のイメージがわかってきたところで、有名人を調べてみました!
現在のアジア圏の経済を左右する集団というよりは、日本にて活動拠点を置いている方と言ったほうがわかりやすくイメージできます。

 

びっくり!?華僑出身有名人

王貞治さん
世界のホームラン王と呼ばれ、日本プロ野球名球会顧問を務めていらっしゃいます。台湾人の父と日本人の母を持ち、台湾(中華民国)国籍ですが生まれも育ちも日本です。
読売ジャイアンツで活躍した現役時代には、公式戦通算本塁打868本という記録を保持する国民的スターでした。その後は、巨人とソフトバンク・WBCの日本代表で監督を務めています。1977年に国民栄誉賞を受賞しており、2010年には文化功労者として讃えられました。

 

渡辺直美さん
お笑いタレントとして人気を集め、司会者や女優業などもこなす渡辺直美さんは、父は日本人で、母が台湾人だそうです。
2008年に、ビヨンセさんのものまねを披露したことで一躍大人気に。その後、注目を集め多方面で大活躍しています。2017年には連続ドラマで主演を演じるなど、テレビやCMに引っ張りだこです。また、衣装やメイクも注目され、キャッチーなおしゃれ感が人気です。「インスタ女王」とも呼ばれています。

 

有名人を調べたところ「華僑」=中華民族系の血を引く芸能人が出てきました。
私が学んだ「華僑」の定義は同じ民族がさまざまな場所で経済圏をつくり、生活をする。という部分でしたが、調べると、中華系民族の総称も「華僑」と呼ぶのです。
今回は、多くの方に知られている2名をご紹介しました。

 

やはり、ご本人や家系が国境を越えて生活圏を作るくらい、バイタリティありふれる方が多く、さまざまな世界で大成されているのが印象的でした。

 

経営視点から見る「華僑」

では、経済圏的な「華僑」とはどういった集団なのだろうと、また新たに気になる点があったので、日本における華僑の経済圏について調べてみました。

 

 

チャイナタウン・中華街
横浜や神戸などが有名な観光スポットとして挙げられますが、これも「華僑」が作り上げた経済圏の一つです。
地域に根付いていながらも、同じコミュニティ内でお金を使うやりとり、例えば食べ物や日用品は仲間のお店で買うようにする仕組みを大事にしているそうです。

 

最初は小さなコミュニティが、人数を増やして一大企業になり、シンガポールやマレーシアの経済の要となるようです。
日本でも、華僑からなる企業は中華圏での交渉に長けていて、関わりが深く、経済圏を広げ続けています。

 

最後に

今や、日本や東南アジアの経済の重要なピースとしてこの先の世界経済にも欠かせない「華僑」ですが、華僑の芸能人を知るとバイタリティが溢れていることがわかり、バイタリティ溢れる個々が、仲間意識を大事にしてコミュニティをつくっていくことでやがて国の経済に欠かせない存在になっていくのだと気づきました。

 

私自身、インターン生として経済や経営を勉強していく中で、今後「華僑」のような仕組みを活用した基盤を作れるようになりたいと思いました。

カテゴリー: ビジネス

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。