注目を集めるオーガニック食品!オーガニック食品の普及がSDGsへの貢献に繋がる

投稿者: uchiage 投稿日:

株式会社UCHIAGEでインターンとして働くりゅうです。

 

最近はスーパーでもオーガニックの食品を置いているお店が増えてきました。

まだ日本での市場は小さいですが、オーガニックの需要が高まってきています。

 

では、なぜ今、オーガニック食品が注目を集めているのでしょうか。

注目される理由について、私の考えをまとめました。

 

オーガニック食品とは

そもそもオーガニック食品とは何かから話していきます。

 

オーガニック食品とは化学肥料や農薬を使用していない食材を使用した食品のことを指します。

 

商品名に「有機」、「オーガニック」と書かれたものがオーガニック食品です。

この表記をするためには認定協会の認可が必要となります。

 

化学肥料には一切頼らず、自然の恵みを活かした栽培方法は、まさに人類古来の栽培方法と言えますね。

 

 

オーガニック食品の重要性

オーガニック食品を選ぶことは人体と環境に良い影響を与えます。

 

人体への影響としては、残留農薬など人体に影響を及ぼす化学物質を摂取すること極力控えることができ、体に優しいと言われています。

 

環境への影響としては、農薬が川や海に流出する汚染が減ります。土壌も持続可能になり、地球の健康にも繋がっています。

そのため、その土地に住む生きものにとっても住みやすい環境となります。

 

人だけではなく、地球環境全体、生態系全体に大きく影響を与えていくものとなるので、オーガニック食品を選ぶことが大切になってきます。

 

 

オーガニック食品にデメリットはあるのか?

オーガニック食品を選ぶデメリットはあるのでしょうか?

 

デメリットとしては、コストがかかるということが挙げられます。

 

オーガニック食品は農薬や化学肥料を使わない分、たくさんの手間ひまをかけて育てています。例えば、害虫を駆除したり、雑草が生えないように人間の手を入れていきます。

 

農薬を使えばすぐに解決してしまう問題も人手をかけていく必要があるのです。

害虫の被害に遭ってしまった場合、売り物にできないため収穫量も減ってしまいます。

 

また、生産したものの保存期間も短くなってしまいます。

そのため、どうしても市場価格の1.5〜2倍ほどの価格となってしまうのは避けられません。

 

 

まとめ

オーガニック食品を選ぶことは人だけでなく、地球環境全体の健康に繋がっています。

そして、世界全体で取り組んでいるSDGsへの貢献にもなります。

 

価格の高さなどのデメリットはありますが、オーガニック食品の普及は将来的に自分への投資になるものではないかと思います。

今食べているものが体にどんな影響を与えているか、改めて知る機会となりました。

 

まだ生産量が少ないオーガニック食品ですが、一人一人が重要性を理解して選んでいくことで今後普及が進んでいくものと思います。

短期的な目線ではなく、長期的な目線を持って選んでいきます。

カテゴリー: SDGs

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です