「人的資産」で激動時代のライフスタイルを変える

投稿者: uchiage 投稿日:

株式会社UCHIAGE でインターンとして働くミサです。

インターン企画としてブログを掲載させていただきます。

 

今回は、「ライフスタイル」をテーマに記事を書きました。

 

今、会社員として働きながら、別の場所でも仕事をする「複業」が増えていますよね。

 

従来の「副業」は主に副収入を得るために仕事することでしたが、「複業」は主に自己実現のために仕事をするという考え方になります。

 

会社の仕事以外にも、「成し遂げたいことがある、やってみたいことがある、チャレンジしたいことがある」そんな人は「複業」という選択肢が増えました。

 

ただ、そんな時に大切なのは何を選ぶか。

生き方が多様化している今だからこそ「どう生きるか」が重視されてきています。

 

リンダ・グラットンさんの著書『LIFE SHIFT』は、人生100年時代の人生戦略をどのように創り上げていくかが書かれています。

 

世の中に選択肢が溢れかえっているからこそ、何を知り、何を選び、どう生きていくか、それが問われる時代になりつつあるように感じます。

ただ、いつの時代も大切なのは、未来のために今努力をすること。

 

あなたの人生はどこに向かっているのか、どこに向かって努力していくのか、それによって行き着く先はことなります。

 

目指す方向性の大きな指針のひとつに「資産」を蓄えることがあります。

ここからは「資産」についてお伝えしていきます。

見えない資産を育む

資産という言葉を聞くと、不動産や株など、いわゆる金融資産と呼ばれるものを思い浮かぶ人多いのではないでしょうか。

 

目に見える資産はわかりやすく人生を豊かにしてくれますが、ただ大きな元手があってこそ金融資産を手に入れ生活ができる状態になることが多いです。

 

『LIFE SHIFT』では、人生の「資産」を管理することについて書かれており、特に大事なのはお金に換算できない「見えない資産」と書かれています。

 

自分の考え方、人生観、仕事観、またはスキルや知識、そして周りの仲間、これらはまさに目には見えない資産となります。

自分自身を磨く努力、「人的資産」を高めるという努力は、大きな元手も必要なく、自分の身一つで高めていくことができます。

 

新しい分野の勉強をしてみる。

自分の理想とする人に会って話を聞いてみる。

おススメの本を読んでみる。

 

新しいコミュニティに飛び込むと、新しい視点を得て変化していくきっかけが生まれます。

多様性のある人的ネットワークは、人とのご縁だと思って今もずっと大切にしています。

 

そうして実際に学んで、実践してきた今、私の人生は少しづつ変化しています。

 

今までの自分を変化させて、これからの時代を生き抜く力を身に着けることを大切にし日々行動しています。

変化する覚悟を持つ

自分という人間を磨き、人と会い、本を読み、学び、そして新たにシフトした一歩を選択することは変化する覚悟が必要です。

 

金融資産は経済によって変動する可能性がありますが、人的な資産は不動で一生ものです。

自分の考え方も、健康な身体も、共に目指す仲間も、良好な関係性の友人も、それらを今育むことはあなたの人生にとって大きな資産となり得ます。

 

そのためには、今までの自分とは違った考え方に触れ、新しい行動をしていきます。

変化にはきっと負荷が伴い、覚悟が必要になります。

ただその先に、まだ見たことのない景色が待っているかもしれません。

 

同じように挑戦する人にとって、少しでも力になれればと日々奮闘しています。

激動の時代だからこそ変化を恐れるのではなく、世の中に合わせて自分が変化していくことが大切なのではないでしょうか。

 

【参考URL】

https://type.jp/tensyoku-knowhow/skill-up/book-summary/vol6/

カテゴリー: 雑記

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です