SDGs 目標16「平和と公正をすべての人に」。紛争や虐待のない世界をつくるためにできること

投稿者: uchiage 投稿日:

株式会社UCHIAGEでインターンとして働くりゅうです。

 

今回はSDGs 目標16「平和と公正をすべての人に」について調べてみました。

 

調べてみることで、戦争や紛争は世界中で起きていて、その影響で悲しい想いや辛い想いをしている人たちがたくさんいます。
平和な日本がいかに恵まれているかを改めて感じ、平和を世界中に広げていく大事さに気づきました。

 

SDGsの掲げた目標達成のために、私たちに何ができるのかを考えてみました。

 

SDGs 目標16「平和と公正をすべての人に」とは?

SDGs 目標16「平和と公正をすべての人に」には下記の11個のターゲットがあります。

 

  • 16.1 あらゆる場所において、すべての形態の暴力及び暴力に関連する死亡率を大幅に減少させる。
  • 16.2 子どもに対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴力及び拷問を撲滅する。
  • 16.3 国家及び国際的なレベルでの法の支配を促進し、すべての人々に司法への平等なアクセスを提供する。
  • 16.4 2030年までに、違法な資金及び武器の取引を大幅に減少させ、奪われた財産の回復及び返還を強化し、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する。
  • 16.5 あらゆる形態の汚職や贈賄を大幅に減少させる。
  • 16.6 あらゆるレベルにおいて、有効で説明責任のある透明性の高い公共機関を発展させる。
  • 16.7 あらゆるレベルにおいて、対応的、包摂的、参加型及び代表的な意思決定を確保する。
  • 16.8 グローバル・ガバナンス機関への開発途上国の参加を拡大・強化する。
  • 16.9 2030年までに、すべての人々に出生登録を含む法的な身分証明を提供する。
  • 16.10 国内法規及び国際協定に従い、情報への公共アクセスを確保し、基本的自由を保障する。
  • 16.a 特に開発途上国において、暴力の防止とテロリズム・犯罪の撲滅に関するあらゆるレベルでの能力構築のため、国際協力などを通じて関連国家機関を強化する。

引用元:https://sdgs-support.or.jp/journal/goal_16/

 

世界の子供たちの4人に1人は紛争や災害によって辛い生活を送っています。
暴力や迫害で命を落としてしまったり、家族を失ってしまうなどの悲しい事態も起きています。
家や財産を失い、難民キャンプに暮らすことを余儀なくされています。

 

難民の数は世界で7950万人。
100人に1人は住み場所を追われて生活をしています。

 

目標16では、包摂という言葉がキーワードとなっています。
誰も排除せずに包み込んでいく。
そんな世界を築いていくことが目標16のゴールだと考えました。

 

 

出生登録がされない子供たち

日本では子供が生まれたら出生登録を行い、国籍を得ることで学校に通うことができたり、保険や生きていく上で必要なサービスを受けることができます。

 

しかし、世界には出生登録がされず、公式に認められていない5歳未満の子どもがたくさんいます。
2019年の時点で、およそ1億6,600万人(全世界の5歳未満の4人に1人)おり、特に途上国では50%程度しか出生登録がされていません。

 

この子供たちは国の保障を受けることができないため、不当な暴力、虐待や搾取の対象とされてしまいます。
子供たちの人権を確保するためにも全ての人が出生登録をする状態が求められます。

 

 

目標16の解決のためにできること

私たちが解決のために直接的にできることはないかもしれません。
しかし、紛争や虐待、暴力がある現状を知ること、出生登録の大事さなど知ろうとしていく努力は大事だと思います。

 

紛争や暴力が起こってしまう背景には、相手の価値観を受け入れないことにあります。
宗教や思想、人種など、自分とは異なる価値観を受け入れていき、相手を尊重し理解する姿勢があれば、対立も減るのではないでしょうか。

 

まずは自分が多様な価値観を受け入れていく。
その小さな一歩が目標16の解決に繋がっていくのではないかと思います。

 

 

まとめ

今回はSDGs目標16について調べてみました。

 

日本では当たり前に豊かに過ごせていることが本当にありがたいことだと再認識しました。
私自身、多様な価値観を受け入れ、相手を理解する努力をすることで、宗教や思想、人種など関係なく、人は心を通わせれば仲良くなれるのだと信じて行動します。

カテゴリー: SDGs

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です