SDGs 目標6「安全な水とトイレを世界中に」について学ぶことで、安全な水の大事さと身近な取り組みの大切さを知る

投稿者: uchiage 投稿日:

株式会社UCHIAGEでインターンとして働くりゅうです。

 

今回はSDGs 目標6「安全な水とトイレを世界中に」について調べてみました。

調べてみることで、日本の当たり前の基準がどれだけ恵まれているかを感じました。

 
日本では、飲水やトイレが無料で、誰もが利用可能です。世界ではどのような状態になっているのかを紹介していこうと思います。

 

SDGs 目標6「安全な水とトイレを世界中に」とは?

SDGs 目標6「安全な水とトイレを世界中に」には下記の8個のターゲットがあります。

 

  • 6.1 2030年までに、すべての人々の、安全で安価な飲料水の普遍的かつ衡平なアクセスを達成する。
  • 6.2 2030年までに、すべての人々の、適切かつ平等な下水施設・衛生施設へのアクセスを達成し、野外での排泄をなくす。女性及び女児、ならびに脆弱な立場にある人々のニーズに特に注意を払う。
  • 6.3 2030年までに、汚染の減少、投棄の廃絶と有害な化学物・物質の放出の最小化、未処理の排水の割合半減及び再生利用と安全な再利用の世界的規模で大幅に増加させることにより、水質を改善する。
  • 6.4 2030年までに、全セクターにおいて水利用の効率を大幅に改善し、淡水の持続可能な採取及び供給を確保し水不足に対処するとともに、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。
  • 6.5 2030年までに、国境を越えた適切な協力を含む、あらゆるレベルでの統合水資源管理を実施する。
  • 6.6 2020年までに、山地、森林、湿地、河川、帯水層、湖沼を含む水に関連する生態系の保護・回復を行う。
  • 6.a 2030年までに、集水、海水淡水化、水の効率的利用、排水処理、リサイクル・再利用技術を含む開発途上国における水と衛生分野での活動と計画を対象とした国際協力と能力構築支援を拡大する。
  • 6.b 水と衛生の管理向上における地域コミュニティの参加を支援・強化する。

引用元:https://sdgs-support.or.jp/journal/goal_06/

 

日本では、水道水も安全に飲めるし、トイレも困ることなく使用することができます。
しかし、世界では、人口の30%が安全な水を使えていない状態です。
さらに、トイレに関しては人口の60%が管理されたトイレを使えていないのです。

 

安全な水、トイレが確保できないことによる問題

地球は水が豊富と言われていますが、その大半が海水です。生命が飲水として利用できる水の量は限られています。
しかし、世界中で河川の汚染が問題になっています。河川が汚染されることにより、安全に利用できる水が確保しずらくなっています。

 
濾過施設が整っていない地域では、汚染された水を飲むしかありません。

 

不衛生な水は、下痢を引き起こしたり病気の原因になったり、最悪の場合、死に至ることもあります。
安全な管理ができていないトイレは、不衛生による細菌の感染のリスクがあります。
また、女性が暴力を受けてしまうリスクもあります。

 

飲水をめぐる課題は、他にもあります。地域によっては、飲水の量が必要とされている量と比べて圧倒的に足りない場合があります。原因が、砂漠などの地域性もあれば、自然災害の場合もあります。人口増加や、戦争などが原因で水が不足することもあります。

 
水は生きるためになくてはならないものです。
水を確保し続けるための、地球環境や地域性、貧困などについても考えていかなければなりません。

 

目標6の解決のためにできること

日本は、安全な水がいつでも手に入るため、水が生命に直結する大切な要素であることを忘れがちです。
水の大切さを再確認し、普段の生活を見直すことによって、水を無駄に使っていないかを考える良い機会かもしれません。

 

水の汚染を防ぐためには、ゴミのポイ捨てや不法投棄しないこと、その他に、ゴミ拾い活動も大事です。

身近な小さな取り組みが大きな問題を解決すると考えています。

 

まとめ

水やトイレの問題について調べていくと、日本のインフラ整備が当たり前ではないことを学びました。

 
水やトイレが無料で利用できる事は、当たり前ではなく、世界ではとても深刻な問題になっています。

自分達がどれだけ恵まれているかを再確認した上で、無駄な排水を無くすことやポイ捨てをしないことなど、身近な小さな取り組みが大事だなと思いました。

 

世界の問題を解決するために、日々の行動を見直していきます。

カテゴリー: SDGs

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。