メリット・デメリットから見るフランチャイズビジネスとは?

投稿者: uchiage 投稿日:

株式会社UCHIAGEでインターンとして働くりゅうです。

 

学んだことをアウトプットしていきます。

ビジネスは、大きく分けていくつか種類があることを学びました。

 

今回は、ビジネスの1つで、一般的によく知られているフランチャイズについて調べました。

 

これからビジネスを始めようと思った場合、フランチャイズは選択肢の一つになってくると思います。

 

フランチャイズにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

フランチャイズのメリット・デメリットをまとめましたので紹介したいと思います。

 

フランチャイズとは

 

フランチャイズとは、フランチャイズオーナーがフランチャイズ本部と契約し、ブランドや確立されたサービスを使う権利を得てビジネスを行うことです。

その代わり、フランチャイズオーナーはフランチャイズ本部に対価を支払います。

 

フランチャイズについては下記の記事で詳しく書いていますのでご覧ください。

 

フランチャイズは共に勝つ価値観が大切

 

フランチャイズのメリット 

フランチャイズのメリットとしては下記のようなものがあります。

 

1.ブランド力を活用できる

2.経営について学ぶ場があるので経営初心者でも始めやすい

3.仕入れ先やシステムが確立されている

4.商品開発などは本部が行ってくれる

 

1.ブランド力を活用できる

フランチャイズはブランドとしてイメージが確立されているため、集客の面で有利になります。

TVCMや広告などにより世の中に広く認知されているので、お客さんが入る敷居が低くなります。

また、従業員といった人材も集まりやすいです。

 

2.経営について学ぶ場があるので経営初心者でも始めやすい

フランチャイズ本部はフランチャイズオーナー向けに経営を学ぶ場をつくっています。

そのめた、経営をしたことがない人でもノウハウを共有してもらえるので、成功する可能性が高くなります。

 

3.仕入れ先やシステムが確立されている

仕入れ先がすでに確保されているので、取引先を探す必要がありません。

また、売上管理システムなど、最適化されたシステムを利用することができるので金銭面の管理も簡単に行うことができます。

 

4.商品開発などは本部が行ってくれる

新しいサービスや商品の開発はフランチャイズ本部が行ってくれるので時代のニーズに合わせた商品を仕入れることができます。

そのため、売上をあげること、経営にのみ集中することができます。

 

フランチャイズのデメリット

フランチャイズのデメリットとしては下記のようなものがあります。

 

1.経営の自由度が低い

2.契約期間があるため、すぐには撤退できない

3.ブランドイメージが悪化した場合に影響を受ける

4.売上に関わらずロイヤリティを支払う必要がある

 

1.経営の自由度が低い

ブランドイメージがあるため、独自のものを取り入れたりすることはできません。

指定の商品やサービスを使う必要があるため、自由度は低くなります。

 

2.契約期間があるため、すぐには撤退できない

契約条件として10年、15年といった契約期間が設けられているところが多く、すぐに撤退することは契約違反となります。

うまくいかなかったり、別のことを始めたいと思っても契約期間中はやり続ける必要があります。

 

3.ブランドイメージが悪化した場合に影響を受ける

別のフランチャイズオーナーがブランドイメージが悪くなるような事件を起こしてしまった場合などに影響を受けてしまいます。

自分は問題を起こしていなかったとしても経営が悪化する可能性があります。

 

4.売上に関わらずロイヤリティを支払う必要がある

フランチャイズ本部に支払う対価を「ロイヤリティ」といいます。

売上、経営の状況に関わらず毎月ロイヤリティを支払う必要があります。

 

  

フランチャイズのメリット・デメリットを見てみると、一長一短あることがわかります。

 

良い面ばかりではなく、しっかりとリスクも把握することが大事ですね。

 

契約条件はフランチャイズそれぞれで変わってくるので、しっかりと条件を確認した上で選ぶ必要がありますね。


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です