経済的に大きな影響力を持つ財閥!日本の4大財閥を紹介

投稿者: uchiage 投稿日:

株式会社UCHIAGE でインターンで学んでいるりゅうです。

インターン企画として、「財閥」について調べました。

「財閥」という言葉にどんなことを思い浮かべるでしょうか。

私は、漠然と資金力がある大企業が浮かんできました。

ただ、具体的に説明してと言われると答えられません。

そこで、今回は「財閥」について私が学んだことを書いていきます。

財閥とは

財閥とは、大富豪の一族が支配し、多角的経営によって形成されている企業グループのことです。

アメリカではロックフェラー財閥やロスチャイルド財閥、韓国ではサムスングループが有名です。

日本では4大財閥として、三井財閥、住友財閥、三菱財閥、安田財閥があります。

いずれも経済に大きな影響を及ぼす一大企業が連なっています。

日本の財閥

日本では、第2次世界大戦以前に、財閥が経営する企業が日本経済を大きく動かしていました。

ただ、その影響力の大きさから、戦後はGHQにより解体されてしまいます。

しかし、財閥が解体しても企業は残り、今でも日本経済に大きな影響を与えています。

いずれも歴史が長く、室町時代に創立して現在まで続いている財閥もあります。

さきほどもあげたように、日本では4大財閥が有名です。

・三井財閥

伊勢商人の三井高俊が呉服屋を始めたところから始まっています。

現在では、三井住友銀行、三井物産と三井の名のつく企業を始め、東芝やトヨタ自動車などのさまざまな企業が加盟しています。

「人の三井」と呼ばれ、人材を重視した経営をしています。

・住友財閥

江戸時代に住友政友が、書物と薬の店を京都に開いた「富士屋」が発祥です。

現在では、住友商事、住友不動産、などのほかにNECも住友系列として加盟しています。

「結束の住友」と呼ばれ、強い結束力があります。

・三菱財閥

明治時代に岩崎弥太郎が三菱商会を創立し、海運業や貿易で躍進してきました。

加盟している企業は、三菱商事、三菱重工業、キリンホールディングス、日本郵船などがあります。

「組織の三菱」と呼ばれるように、組織内で事業が完結できるほどの組織力があります。

・安田財閥

安田善次郎が両替商を立ち上げたことが始まりました。

安田生命保険、みずほフィナンシャルグループなどが加盟しています。

大きな企業はないものの、金融において莫大な影響力を発揮しています。

【最後に】

財閥は現在でも強い影響力を誇っています。

今回あげたもの以外にも財閥はたくさんあります。

歴史や成り立ちを調べると俄然興味が湧いてきますね。

たくさんの企業が集まり、組織として機能しているからこそ財閥は長く繁栄しているのだなと調べてみて感じました。

これは企業だけでなく人にもいえることだなと思います。

一人の力でできることは限られていますが、たくさんの人が集まって力を合わせることで大きなことが成し遂げていくことができます。

仕事においても、一人ではなく、チームとして機能させていくことがとても大事です。

私自身がチームの一員としてどのような力を発揮していけるのか、チームのために何ができるのか、常に考えて行動していきたいと思います。


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です